1. TOP
  2. えっ!?ホント?海の上の県道ってなに?駿河湾から楽しむ絶景ビュー【駿河湾フェリー】

えっ!?ホント?海の上の県道ってなに?駿河湾から楽しむ絶景ビュー【駿河湾フェリー】

駿河湾フェリー 県道223号線

静岡県内には、海の上にも関わらず、県道に認定されている”海の道”があるのを知っていますか?

橋…というオチではありません。
海の上なので、船が通りますが、車も通ります。

そんな全国でも珍しい県道が静岡県にはあるので、1度は通ってみて下さい。
海からの絶景は、普段見ることの出来ない景色。

通ってみて損はありませんよぉ

 

県道223号に認定された海上の道。

県道223号は、静岡市清水区の清水港から伊豆市土肥を結ぶ駿河湾フェリーの航路全長約30キロのことです。

フェリーなので、船も通るけど、車も通るというのは、そういった理由です。

駿河湾フェリー

なぜ、223号かというと、、、

223(ふじさん)

という意味があるそうです。

県道の番号って指定できるんでしょうか?
でも、いい番号です。

全国でも唯一、観光に特化した海路を県道として認定されているそうです。

 

関西方面から伊豆へは県道223号線で。

名古屋・関西方面から伊豆へ車でお出かけの方には、とっても便利な道なんです。

車で土肥へ行こうとした場合、清水IC〜沼津ICは、30分くらい。
そして、沼津ICから、土肥に向かうのに1時間ぐらい。(これは渋滞状況にもよります。)

google mapで調べてみても、1時間40分程度かかります。

ですが、駿河湾フェリーを使えば、1時間で駿河湾を横断することができます。

しかもっ

その間、運転の休憩もできるわけです。
長距離運転してきたドライバーには、うれしい一休み。

 

焼きたてアツアツのおつまみも。

後方デッキでは、たこやき、イカ焼き、つぶ貝の串焼きなども販売されています。
ドライバー以外は、ビールにあつあつおつまみと一緒に、旅をハイテンションにしてくれます。

旅のフェリーグルメ

こんなものもやってました!

県道223の今川焼

県道223号線の今川焼。

いいですよね。
この感じ。旅感ハンパなくでてませんか?

かき氷やアイスもありますから、子供のおやつにもいいですよ。

売店前は屋外デッキも広がっているので、景色を楽しみながら、県道グルメを味わうのも気持ち良いかもっ。

駿河湾フェリーデッキ

 

海の上の県道だからこその楽しみ方。
そんな楽しみ方と、ゴージャスな特別室のご案内は次のページで

行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

駿河湾フェリー 県道223号線

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を書いたひと

じーしょー

じーしょー

浜松市に生まれてウン10年。
浜松工業高校を卒業して、現在IT会社の代表をさせて頂いております。
趣味はサーフィン、スキー。
季節にあわせた遊びが大好きで、キレイな景色を見るのも大好きです。
だから、自然の遊びが好きなのかも。
そしてそして、浜松祭りが大好きです♪