1. TOP
  2. 静岡の四季
  3. いちご農家が教える美味しいイチゴ狩りの楽しみ方★

いちご農家が教える美味しいイチゴ狩りの楽しみ方★

 

意外と知らないイチゴのまめ知識

いちごは江戸時代の終わりごろに、オランダからはじめて輸入されました(このことが、オランダイチゴの名前の由来になっています)。
日本で作物として栽培されるようになったのは 19世紀前半のことで、本格的に栽培されるのは明治に入ってからなのです。
比較的新しい作物なのです!

 

いちごは実は実は野菜。

いちごは野菜

いちごは一般的に果物として食べられていますが、分類学上いちごは野菜に分類されています。
『1年生および多年生の草木になる実は野菜』となっているので、バラ科の多年草であるいちごは野菜になります。

青果市場やスーパーでは果物として扱われていますので、果実的野菜といった位置づけになります。

 

本当の旬は春!?

本来のいちごの旬は4月〜5月とされています。

実際はハウス栽培がほとんどなので、通常12月初旬からの、1番果から2番果の2月〜3月の間の寒い時期が最もおいしい時期となります。
イチゴ狩りもこの時期が、もっともオススメです。
暖かくなると収穫量も増え、5月末まで収穫が続きます。

 

コレは絶対に知らない!いちごの実はどこ?

浜松いちご browncrewのいちご

いちごの赤い部分は果実ではなく、雌(め)しべの土台となる部分で「花托(かたく)」と言います。
その表面にあるツブツブはタネではなく、この一粒一粒が果実です。
果実の一つ一つの中にタネが入っています。

 

旬のイチゴを堪能しよう!

いかがでしたか?
まとめだけ「じーしょー」です。
いちご狩りを楽しむだけで、美容にも健康にも良いコトもわかりました!

さすがプロのいちご農家です。
プロでないいちご農家はいませんが。。。

いちご狩りだけでいちごを楽しむのではなく、持ち帰ってもたのしめるいちごスムージーや、イチゴジャムはお子様にも大ウケなんじゃないでしょうか?

ぜひ試してみてくださいね!

今回いちごの情報をくれたのは、静岡県浜松市浜北区でいちご狩りを行っている、知る人ぞ知る『browncrew』の冨田さんです。
ボクも数回行ったことがありますが、大きないちごと美味しい食味は絶品です!
一度ご家族で、カップルで楽しんでみて下さい!!

2023年は1月3日(火)より
browncrewイチゴ狩りオープンです。

浜松市いちご狩りbrowncrewへ来てね!

浜松市いちご狩りのbrowncrew

浜松市いちご狩りのbrowncrew

 浜松市「brown crew」のいちご狩り日程&料金 2023

※食べ放題・制限時間なし
※練乳お代わり無料
※ベビーカー・車椅子可
※雨天可

開催日 2023年1月3日(火)~5月31日(水)
営業時間 9:00~
※いちごが無くなり次第終了
電話 053-435-6101
休園日 日曜日午後
料金
1/3-9
小学生以上2,300円
3歳以上小学生未満1,800円
2歳以下無料
料金
1/10-4/9
小学生以上2,100円
3歳以上小学生未満1,600円
2歳以下無料
料金
4/10-5/31
小学生以上1,800円
3歳以上小学生未満1,400円
2歳以下無料
駐車場 無料駐車場あり
アクセス 新東名「浜松浜北I.C」より約13分
HP https://www.browncrew.org/

 

 

その他のいちご狩り園

\ SNSでシェアしよう! /

静岡県の情報サイト we love 静岡の注目記事を受け取ろう

浜松いちご狩り browncrew

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

静岡県の情報サイト we love 静岡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を書いたひと

we love 静岡編集部

we love 静岡編集部

三保の松原の逸話にも登場する「羽衣天女」をモチーフにした、we love 静岡のかわゆいマスコットキャラクターです。

県外からの観光でも、地元静岡県民もたのしめる地域情報をお届けする為に、ひさしぶりに降臨して頂きました♪