1. TOP
  2. 静岡グルメ
  3. お土産
  4. SNSで話題!磐田市の『マタイッコタベタイカフェ』は老舗和菓子店が手掛けるスイーツカフェ

SNSで話題!磐田市の『マタイッコタベタイカフェ』は老舗和菓子店が手掛けるスイーツカフェ

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

今SNSで『浜松カフェ』や『磐田カフェ』と検索すると必ず出てくる『マタイッコタベタイカフェ』をご存知ですか?

名前がもうなんだか可愛いです。
静岡県西部の磐田市にあるカフェです。

ちょっとドキドキしながら子ども達3人引き連れて行って来ました!
レポします!

 

 

和菓子の老舗『又一庵』さんプロデュースのカフェ

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

磐田市の老舗和菓子店又一庵さんはなんと創業明治4年。
1つ1つ手焼きにこだわる『きんつば』が有名です。

磐田市の直営店だけでなく、掛川市のこれっしか処、清水市のエスパルスドリームプラザ、東名牧の原SA、浜松市のJR駅構内や遠鉄百貨店などにも商品の取扱があるので、静岡県西部にお住まいならご存知の方が多いお店です。

今回ご紹介するマタイッコタベタイカフェさんは又一庵総本店が2019年11月にリニューアルをした際に誕生したカフェです。

コンセプトは”きんつばを新しく、気軽に。新感覚で味わえるようにしたい”というものだそうです。
老舗が新しくカフェを。
もう期待しかありません。

 

純和風の外観

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

又一庵さんの磐田市の直営店は3店舗あります。
磐田市見付に「総本店」と「見付店」、磐田市森下に「豊田店」です。
カフェが併設されているのは見付にある「総本店」です

お店に到着すると、老舗和菓子店の雰囲気の建物が見えました。
とても和の趣のある素敵なお店です。
ですがSNSで見ていた店内のイメージとは違ったので、「子ども達が迷惑にならないかな・・・」と少し心配に。

恐る恐る入り口へ。
店内に入ると、明るい雰囲気で手前にきんつばやどら焼きなどの和菓子が売っている場所と奥にカフェが併設されていました。
店員さんはお優しく、子ども連れでも快くご案内してくれました。

 

カフェで注文したメニュー

お目当てのパンケーキは焼き上がりに20分かかるので、早速注文。
本当は他のカフェメニューも食べたかったのですが、子ども達がお店で見た「あんこプリンを食べたい!」というので、あんこプリンも購入してイートインすることにしました。

 

あんこプリン

磐田市:マタイッコタベタイカフェマタイッコタベタイカフェ:「あんこプリン」各378円

味は抹茶、ミルク、カスタードの3種類。
今回はミルクとカスタードを食べました。

このあんこプリン、とーっても美味しかったです。

磐田市:マタイッコタベタイカフェマタイッコタベタイカフェ:「あんこプリン」カスタード

さすがあんこを使ったきんつばが有名な和菓子屋さん!
「あんこ」がとてつもなく美味しいです。
プリンとこんなに合うなんて!
あんこのポテンシャルは無敵ですね。

磐田市:マタイッコタベタイカフェマタイッコタベタイカフェ:「あんこプリン」ミルク

子ども達も大喜びでした。
個人的にはミルクがおすすめ。
さっぱりとしたパンナコッタのようなミルクプリンにあんこが絶妙にマッチ。

瓶も可愛いので、お土産にもぴったりです。

 

「マタイッコ食べたいパンケーキ」登場

磐田市:マタイッコタベタイカフェマタイッコタベタイカフェ:「あんこホイップパンケーキ」800円

20分のプリンタイムを終える頃に、パンケーキが運ばれてきました。

パンケーキは3種類ありますが、今回は人気No.1の「あんこホイップパンケーキ」を注文しました。

ルックスはきんつばをイメージしたふわふわの四角いパンケーキにこだわりのつぶあん、こしあん、ホイップバターとバニラアイスが4つ並んだ目を引くルックス。
これにさらにメープルシロップをかけていただきます。

フォークをパンケーキに入れると、やわふわなパンケーキであんこが落ちそう。
ホイップバターやバニラアイスがメープルシロップと溶け合ってたまりません。

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

1口食べると、もう別世界です。
口の中でふわーっと全て溶けて美味しいー
そう、美味しいだけ。
あんこ、パンケーキ、メープルの香りの余韻が残ります。

あんこも、つぶあんとこしあん両方食べ比べられるのも贅沢です。
プリンを食べた時にも感じましたが、あんこがとてつもなく美味しい。

アイスはパンケーキとの温度差も感じられて楽しいし、そしてホイップバターが塩味が少しあってとても良い。
全部乗せても美味しいし、つぶあんだけとかこしあんとバターと一緒に、と味変できるのも魅力。

一緒に付いてくる塩昆布も途中で食べるといいアクセントに。
もうそれからは秒で無くなりました。

本当にマタイッコタベタイ!

 

イートイン:パンケーキメニュー

「あんこホイップパンケーキ」 800円
「ふわとろキンツパンケーキ」 800円
「いちごキンツパンケーキ」 800円
パンケーキトッピング「メチャしらたま」 150円
パンケーキトッピング「メチャあんこ」 100円
パンケーキトッピング「メチャホイップ」 100円

 

その他のメニュー・ドリンク

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

お芋や栗、ほうじくずねりなどが入った「イモクリあんこパフェ」や和風仕立ての「モンブラン焼き栗モッチッチ」など冬季限定のメニューもあります。
ドリンクも「アンコミルクコーヒー」などの変わったドリンク純和風のお抹茶もありますので、お菓子と一緒にぜひ飲んでみてくださいね。
また、テイクアウトでソフトクリームやパフェなども売っているので、席が満席だった時や時間がない時、車の中などでも食べられますよ!

またプリンや大福、生ドラ焼きとコーヒー紅茶セットで600円というスイーツセットもありますので、ぜひ利用してみてくださいね。

「イモクリあんこパフェ」 1000円
「モンブラン焼き栗モッチッチ」 800円
「アンコミルクコーヒー」 450円
「お抹茶」 450円
「スイーツセット(プリンや大福、生ドラ焼きとコーヒーまたは紅茶セット)」 600円

 

SNS映えで大人気の秘密を調査!

#メニュー

カフェメニューは、枠を外すと生クリームがとろけて流れてくる「ふわとろキンツパンケーキ」や、箱を開けると煙が出てくる「キンツバコ」などの写真映えだけではなく、動画映えするメニューもありました。

動画映えメニュー

「ふわとろキンツパンケーキ」 850円
「キンツバコ」 3000円

 

#インテリアとグッズ

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

照明がきんつばの形になってます!
オリジナリティもあって可愛い。

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

ロゴが書いてある壁も、蛍光なライトが光っていておしゃれ。

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

お手拭きにはアンコダイスキの文字と一緒に小豆が描かれていて、これもまた可愛い。

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

グッズにもこだわりを感じます。

 

#世界にここだけ?!きんつばと写真

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

お店の入り口前に「きんつば」と撮れる写真スポットがあります。
このような撮影スポットは世界にここだけではないでしょうか。

私も子どもと一緒に「きんつば」写真をワイワイ言いながら撮りました。
富士山の布看板も相待って和な写真が撮れますよ。

 

#待っている間もワクワク

私たちはお昼の1時前に伺いましたが、すぐに満席になっていました。
皆さんスイーツももちろんですが、店内や外で写真を撮っていて、席を待っているお客さまも写真を撮って楽しそうに待っていました。

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

大人気の秘密:調査結果

調査の結果、お店の至る所に紹介したい、写真を撮りたい、と心を動かされるようなSNSを意識した工夫がされていました!

 

きんつばスイーツカフェ「マタイッコタベタイカフェ」詳細情報

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

又一庵総本店に併設されている「マタイッコタベタイカフェ」 営業時間

住所 磐田市見付1767-4
電話 0538-33-1600
※9:00~17:30
カフェ
営業時間
10:00~16:00
※ラストオーダー
※混雑時は早く受付終了する日もあり
又一庵
営業時間
(※和菓子販売)
9:00~18:30
定休日 年中無休
コロナ対策 ●入り口に消毒液設置
●来店時体温計測あり
●客席の間に透明アクリル板設置
駐車場 無料駐車場あり
※50台分
アクセス バス JR磐田駅より遠鉄バス31「磐田市立病院行き」約13分乗車→「美登里町上」下車→徒歩約2分
●磐田バイパス「見付IC」より約1分
●東名「磐田IC」より約1分
HP https://www.mataichian.com/cafe/
Instagram https://www.instagram.com/mataichian/
※2020年11月上旬に来店時の情報です。
予告なく圓光になる場合があります。
ご来店時は詳細情報を店舗様HPでご確認ください。

 

 

新しい和菓子屋さんの可能性に魅了されます

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

失礼ながら今まできんつばを食べたことがなかったし、又一庵さんのお菓子を食べたことがありませんでした。
それが今回、カフェが併設されたことで、又一庵さんに行くきっかけになりましたし、又一庵さんのあんこがとてつもなく美味しいことを知りました。
次回はきんつばを買おうと思います!

SNSを見て来店し、帰りに和菓子を買っていかれるお客様もいらっしゃっいました。
それを見たり聞いたり、お土産にもらって食べた方がまた来て・・・とこうして広がっていくのだな、と感じました。
「マタイッコタベタイカフェ」さんは、これからの時代の新しい和菓子屋さんのあり方の1つかな、と思いました。

もちろん見栄えだけではなく、味の美味しさは折り紙付き。

また来たくなり、紹介したくなる。
皆さんもぜひ「マタイッコタベタイカフェ」さんに行ってみてください!
きっと、マタイッコ食べたくなりますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

静岡県の情報サイト we love 静岡の注目記事を受け取ろう

磐田市:マタイッコタベタイカフェ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

静岡県の情報サイト we love 静岡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!