1. TOP
  2. 一度は会いに行こう!幸せを呼ぶ魚「シーラカンス」<沼津港深海水族館>

一度は会いに行こう!幸せを呼ぶ魚「シーラカンス」<沼津港深海水族館>


絶対見ておきたい!沼津港深海水族館

シーラカンスは、現地の言葉で「ゴンベッサ」と呼ばれています。
これは、食べられない魚、使えない魚と言う意味です。

ですが、シーラカンスは高く買い取ってもらえる貴重な魚となり、「幸せを呼ぶ魚」と呼ばれるようになったそうです。

そんなシーラカンスは、絶滅危惧種であり、正式に展示することができなくなってしまった魚でもあります。

ここ沼津港深海水族館では、世界でも希少な冷凍個体をはじめとした5体のシーラカンスと出会える水族館です。
沼津方面に出かけた時には、立ち寄ってみてくださいね。
感動がそこにあるはずです!

そんなわけで、沼津港水族館の魅力を次のページからお伝えしてきます。

行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

絶対見ておきたい!沼津港深海水族館

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を書いたひと

じーしょー

じーしょー

浜松市に生まれてウン10年。
浜松工業高校を卒業して、現在IT会社の代表をさせて頂いております。
趣味はサーフィン、スキー。
季節にあわせた遊びが大好きで、キレイな景色を見るのも大好きです。
だから、自然の遊びが好きなのかも。
そしてそして、浜松祭りが大好きです♪