1. TOP
  2. さまざまな動物たちとノンビリ触れ合うパーク『伊豆シャボテン動物公園』

さまざまな動物たちとノンビリ触れ合うパーク『伊豆シャボテン動物公園』


伊豆シャボテン動物公園

伊豆観光地でも大人気の有名観光スポット『伊豆シャボテン公園』。

動物に触れ合うと不思議なほど癒されますよね。
ここは動物だけではなくサボテンの温室もあり動植物好きには魅力的いっぱいの場所です。
また、シャボテン動物公園はペットをつれて入場することできるのでペット連れの方にもおススメのスポット。

サボテンだけでなく動物も触れ合える公園って一体どんなところ?
癒しを求めて伊豆シャボテン動物公園へ行ってきました。

 

たくさんの動物たちに囲まれて大興奮

伊豆は比較的暖かい気候。
動物たちものびのびとした表情で人慣れしているから近距離で動物たちを見ることができます。

たくさんの動物たちが放し飼いになっている自然公園なのですが、本当に放し飼いになっているんです。
歩いているとリスザルの大群に遭遇したりするからビックリしてしまうほどです。

また、触れ合うことができ、エサあげなどは子供たちもテンションマックス!
追い掛け回してしまうこともあるのですが、動物たちはびっくりしてしまうので注意が必要です。

園内をどんな風に回ろうか悩んでしまいますが、どこから見てまわっても全体をグルーッと回れるようになっているので好きな順に動物を見ていくのがいいと思います。

コース巡りに悩んでしまったら客層に合わせたコースがいくつかあります。
ファミリーコース・カップルコース・シニアコースや雨の日コースなどがあるので、そのコースに沿って見るのもいいと思います。

動物たちはワラビー・ペリカン・クジャク・ミーアキャットをはじめ、人気の動物カピバラやリスザルが私たちを出迎えてくれます。
その他にもたくさんの動物たち…およそ150種類も見ることができるのです。

園内では、通常 音楽が流れています。
時々ショーのイベント時間やイベントの内容・場所のアナウンスが入ります。
動物たちを夢中になっていると聞き逃すかもしれませんが、せっかく来園したのならぜひ押さえておきたいのが当日行われるイベント。
ぜひ聞き逃さないようにしましょう。

 

伊豆シャボテン動物公園の大人気スポットはこちら

今回は人気の動物のリスザルとカピバラについて詳しく書いていこうと思います。

人慣れした愛くるしいリスザル

伊豆シャボテン動物公園

まずはリスザルについてです。
入り口のメインゲートを抜けて、まっすぐ行き大講堂を左に曲がるとリスザルの森が見えてきます。

ここにたくさんのリスザルたちがいます。
先ほどもお話したとおりコース内をリスザルたちがピョンピョン走り回っていて興奮してしまいますが、ここのリスザルの森のごはんタイムはさらにわくわく♪してしまいます。

ぴょんぴょんと歩み寄ってくるしぐさは言葉にならないほどの可愛らしさです。
子猿が親猿の背中に必死に捕まっておんぶされている光景は印象的でした。

人慣れをしているのでえさを持っていると、肩や手の上などに乗ってきてくれます。
この姿はシャッターチャンス!
旅の思い出が一段と濃厚なものになること間違いありません。

リスザルのごはんタイムは一日2回あります。
えさはカップに入っており、一つが大体200円~300円になります。
カップを狙って珍行動をしてくるので小さなお子様を連れて行く際は気をつけてください。

見ているだけで癒されるカピバラ露天風呂

伊豆シャボテン動物公園

続いて、カピバラの紹介をしていきます。
ここシャボテン公園のカピバラさんは、元祖カピバラ露天風呂で有名なんです。

場所は先ほどのリスザルの森を抜けてまっすぐ行くと『カピバラの露天風呂展示場』がみえてきます。

たまたまだったのか、この日は、温泉の中に柚子がたくさん浮かんでいました。
柚子の香りとカピバラの顔がなんともいえない光景でほんわかしてしまいます。

このカピバラ露天風呂は冬季限定なので絶対に見たいという方は冬場に行ってみてください。
行く際はHPなどで確認してから行かれることをおすすめします。

開催期間 2018年11月18日(土)~2018年4月8日(日)
平日
入浴タイム
1日1回
●13:30~14:30
※3/17(土)以降は1日2回開催
土日祝
入浴タイム
1日2回
●10:30~11:30
●13:30~14:30

春休み期間は平日でも1日2回の入浴タイムを見ることができます。

観覧場所から露天風呂まで一番近いところでだいたい1メートルほどの近い距離です。
早めに行かないと良い場所はなくなってしまいそうですが、入浴時間が1時間ほどあるので一番近いところで見ることは可能です。
なんともいえないカピバラの、のほほ~んとした入浴タイムの表情は癒されること間違いなしです。

 

施設内にある『アニマルボートツアーズ』もおススメ

伊豆シャボテン動物公園

園内の中央にある池をボートで巡りながら動物たちを観察できる体験ができます。
それぞれの島にはとリスザル・ワオキツネザルなどのサル類がいたり、沿岸にはフラミンゴ・カピバラなどがいて、探検気分を味わえます。

9つある島を巡るのですが、コースは2つあり、『ぐるっと1周コース』と『モンキー島上陸コース』があります。
リスザルやワオキツネザルにえさあげをすることができる『モンキー島上陸コース』がおススメです。
(※えさはカップに入っており1カップ200円~300円)

伊豆シャボテン動物公園「アニマルボートツアーズ」

受付時間 【ぐるっと1周コース】
●9:30~16:30
●所要時間15分※先着順・随時受付
※季節によって変動あり。
※繁忙期は受付時間延長します。
【モンキー島上陸コース】
●10:00~16:00
●所要時間20分
※園内ボート受付ブースにて先着予約制(予約枠がいっぱいになり次第受付終了)のため早めに予約をしてください。
※季節によって変動あり。
受付場所 インコ広場前
※乗船受付ブースで受付およびボートの発着
対象 3歳以上(有料)

※小学生以下の方・高齢者の方・身体の不自由な方はライフジャケットの装着
※2歳以下のお子様・妊婦中の方・飲酒されている方の乗船は不可
※ペットの乗船不可

参加料金 ぐるっと1周コース一人800円
モンキー島上陸コース一人1,000円

 

世界中のサボテンが楽しめるシャボテンコーナー

伊豆シャボテン動物公園

5つある温室

それぞれのサボテンや多肉植物を見ることができます。

ここの温室にはおよそ1500種類ものサボテンや多肉植物が生育されています。
温室内は暖かく、冬場でもゆっくりと植物を探察することが出来ます。

温室はメキシコ館・マダガスカル館・森林性シャボテン館・南アメリカ館・アフリカ館の5つがあります。
各施設は通路でつながっているためぐるっと回ってみる事ができます。

南アフリカ館

一番最初は南アフリカ館です。
ここは字の通り南アフリカの多肉植物を見ることができます。
花の咲いているサボテンもありました。

また、この施設には‘しゃぼこ’と‘しゃぼお’というサボテンがあり記念撮影にはもってこいの場所です。

アフリカ館

アフリカ原産の多肉植物がありました。
ここには世界一臭い花の咲く多肉植物があるので見つけてみてください。

森林性シャボテン館

ジャングルに生息する観葉植物なども展示されていました。
木々が多い茂っているようでまるで本物のジャングルにいるような気分になれます。

マダガスカル館

ここでは、マダガスカルにしか生息していない多肉植物があるのが見所になっています。

メキシコ館

最後はメキシコ館です。
5つある温室の中でも一番大きな施設になっているのが特徴的でこの温室はメキシコから北アメリカにかけて自生するサボテンと多肉植物がおよそ150種類も展示されています。
サボテンの王様といわれている巨大サボテン金鯱(きんしゃち)や、高さ8mもある大鳳竜(だいほうりゅう)がこの施設の一番の見所になっています。

温室から温室につながる通路には何種類かの動物たちにも会うことができますのでそれもまた楽しみです。

 

ここだけで楽しめるサボテン狩り

なんといってもここで楽しめるのは世界で唯一ここでしかすることができないサボテン狩りです。

『サボテン狩り工房』という看板の方へ進むと太陽が刺し込む温室内にたくさんのサボテンや多肉植物があります。
名前と値段が書かれたプレートがあるのでお好みのサボテンや多肉植物をお箸でつかんで取ります。
取った時に手にとげが刺さらないようにお箸で持つのですが、意外と簡単に取れてしまいます。

お気に入りのサボテンをかごへ入れたら今度は鉢選びです。
何種類かある鉢からちょうどいい物を選びカウンターへ持っていくとスタッフがその鉢へ入れてくれます。
このスタッフさんは気さくな人で、作業をしながら育て方などを丁寧に教えてくれます。

そしてお会計へ。
選ぶだけでだけでも悩んでしまうほどの数のサボテンや多肉植物があるのでついつい長居してしまいます。

シャボテン狩り工房の出口はお土産コーナーの建物へ続いています。
サボテンをゲットしたのでもういいかぁ~なんて思ってしまいますが、ここにしかないカピバラのぬいぐるみやサボテングリーンカレーなどもあり、ついつい物色してしまいます。

 

伊豆シャボテン動物公園の食堂

お土産コーナーの前には食堂もあります。
和・洋・中・BBQがそれぞれ楽しむことができる食堂です。
金額はおおよそ一人前1,000円程度になります。

ご飯を持っていきたいという方もいると思いますが飲食の持ち込みは可能です。
園内のベンチや芝生広場等でお食事ができます。
ごみは指定の場所に捨てるか、お持ち帰りをしてください。

 

伊豆シャボテン動物公園の詳細情報

伊豆シャボテン動物公園

伊豆シャボテン動物公園の営業時間・アクセス方法

住所 静岡県伊東市富戸1317-13
電話 0557-51-1111
営業時間 【3月~10月】9:00~17:00(最終受付16:30)

【11月~2月】9:00~16:00(最終受付15:30)

定休日 年中無休
入園料 中学生以上2,300円
小学生1,100円
4歳以上の幼児400円
70歳以上1,900円
駐車場
400台分
普通車500円
二輪車
マイクロバス1,000円
ペット同伴について ※園内は動物たちが放し飼いになっているので、ペットには1メートル以内のリード着用が必要です。
※バードパラダイス・カンガルーの丘・なかよし牧場・カピバラ虹の広場・アニマルボートツアーズ・飲食店内はペット同伴は不可。
※法律で定められた予防接種を受けていないペットは入場不可。
施設 ※有料にてベビーカーの貸し出しあり。
※コインロッカーあり。
※飲食の持ち込み可。
※クレジットカードの利用不可。
アクセス
●東名「厚木IC」→小田原厚木道路・国道135号線経由 約85km
●東名「沼津IC」または「長泉沼津IC」→伊豆縦貫自動車道・伊豆中央道・修善寺道路経由 約55km
●東名「御殿場IC」→箱根芦ノ湖スカイライン・伊豆スカイライン・遠笠山道路経由 約1時間40分
アクセス
タクシー
●JR/伊豆急行「伊東駅」からタクシーで約25分
●伊豆急行線「伊豆高原駅」からタクシーで約10分
アクセス
バス
伊豆高原駅から東海バスで約20分
アクセス
鉄道
JR熱海駅よりJR/伊豆急行 伊東線「伊東駅」→熱海バスで約35分
Webサイト http://izushaboten.com/

 

伊豆シャボテン動物公園のお得な入場券

コンビニ(セブンイレブン/ローソン/ファミリーマート/サークルK・サンクスKステーション)やJTB等で前売り券を買うと、割引された前売りチケットが入手できます。
コンビニではチケット販売の機械、またはPCやスマホからはコンビニのwebサイトにアクセスし、前売り券を申し込み、支払いをコンビニで行います。

お出かけの日程が決まっているなら、お得なチケットをあらかじめゲットしておきましょう。

下記がコンビニで前売り券を購入した際の金額になります。

「伊豆シャボテン動物公園」割引入場前売り券の価格

※2018年4月現在の価格です。
価格は予告なく変動する場合がございますのでご注意ください。

※取消・払戻不可
※土・日・祝日入場にもご利用可能

有効期限 1ヶ月間有効
販売期間 2017年08月01日 から 2019年03月31日 まで
割引価格 中学生以上 2,300円のところ2000円
小学生 1,100円のところ900円 
4歳以上 400円のところ300円

 

動物との触れ合いやシャボテン狩りを楽しめる伊豆シャボテン公園

訪れたのは寒い冬。
寒くても動物たちを見ながらゆっくり園内を散策できます。
午前中の10時頃に到着し、段々薄暗くなってくる4時くらいまでの約6時間の滞在でした。

さまざまな動物に触れ合うことができるのでとても癒され、日々の疲れが取れました。
冬場だったので暖かくて心地よい温室でサボテンや多肉植物を眺めたり、シャボテン狩りでは思わず真剣になりました。
穏やかな流れのボート探検は、のほほんとした気分で動物を観察しました。

色々な楽しさがたくさんある伊豆シャボテン動物公園は見どころ満載!
誰でも絶対に楽しめることこと間違いなしです。

 

伊豆の遊びスポット特集記事はこちら

行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

行きたい!食べたい!役にたった!ならみんなに伝えてくださいねっ

伊豆シャボテン動物公園

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事を書いたひと

we love 静岡編集部

we love 静岡編集部

三保の松原の逸話にも登場する「羽衣天女」をモチーフにした、we love 静岡のかわゆいマスコットキャラクターです。

県外からの観光でも、地元静岡県民もたのしめる地域情報をお届けする為に、ひさしぶりに降臨して頂きました♪

we love 静岡 Instagram

[instagram-feed]