1. TOP
  2. 静岡の四季
  3. いちご農家が教える美味しいイチゴ狩りの楽しみ方★

いちご農家が教える美味しいイチゴ狩りの楽しみ方★

 

新鮮ないちごでつくるいちごジャムにチャレンジしてみて下さい!

 

browncrewのいちごでいちごジャム

どこのいちご狩りでも、ほとんどお土産用のいちごを販売しています。
このいちごは、たいてい鮮度が高いものです。
スーパーで出回っているいちごはどんなに鮮度がよくても、市場を回ってくる時間がかかっています。

美味しいいちご農園にであったのなら、そのいちごをお土産に買って帰り、簡単にできるオリジナルいちごジャムを作ってみてはいかがでしょうか?

 

美味しいいちごジャムの簡単3ステップ

浜松イチゴ狩り browncrewのいちごジャム

その1:いちごを洗ってヘタを取る

いちごジャムをつくる いちご狩りのbrwonvrew

水洗いしたら水をよく切ってください。
ヘタは包丁や薄いスプーンなどで取ると楽です。

 

その2:砂糖をまぶしておく

砂糖をまぶす:いちごジャムをつくる いちご狩りのbrwonvrew

砂糖は白砂糖またはグラニュー糖を使います。
量はいちご重量の30%〜40%程度が目安となります。

火にかける前にまぶしてしばらくおくとよいです。

砂糖が増えると硬めに仕上がります。
逆に少ないとサラッとした仕上がりです。

 

その3:火にかけグツグツと。

いちごを煮込む:いちごジャムをつくる いちご狩りのbrwonvrew

鍋は厚手のステンレス製やホーロー鍋がよいです。アルミはNG。

最初は焦げないように、かき混ぜていてください。
しばらくするといちごから水分が出てきます。
沸騰したら、あまりかき混ぜまくて大丈夫です。
最初から最後まで、強火で短時間で、仕上げた方が 色も味も綺麗に仕上がります。

灰汁をとる:いちごジャムをつくる いちご狩りのbrwonvrew

アクが出てきますので丁寧にとってください。
煮る時間は量によって変わります。長くすると水分が飛んで硬めになっていきます。

レモンを入れる:いちごジャムをつくる いちご狩りのbrwonvrew

最後にレモン汁(酸)を加えることで、ペクチンのゲル化を促す。
また、酸が酵素の働きを抑えるので、色が鮮やかになります。

いちごを煮込む:いちごジャムをつくる いちご狩りのbrwonvrew

 

\ SNSでシェアしよう! /

静岡県の情報サイト we love 静岡の注目記事を受け取ろう

浜松いちご狩り browncrew

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

静岡県の情報サイト we love 静岡の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を書いたひと

we love 静岡編集部

we love 静岡編集部

三保の松原の逸話にも登場する「羽衣天女」をモチーフにした、we love 静岡のかわゆいマスコットキャラクターです。

県外からの観光でも、地元静岡県民もたのしめる地域情報をお届けする為に、ひさしぶりに降臨して頂きました♪